読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【BBQ UNIT】 ビビコとQ子

BBQユニット「ビビコとQ子」のブログ。CAMPとBBQにハマり、すっかり脳内がアウトドアになったビビコとQ子のレシピ紹介とアウトドアを楽しむ日々のお話。

【道具】キャリーワゴン

 

Q子です。

 

キャンプやBBQにハマりだしてから

色んなものを買い足したため、

キャリーワゴンが必要になってきました。

 

 

という事で購入したのがコチラ。

 

f:id:BBQ_UNIT:20160828164909j:image

ドッペルギャンガーアウトドアのキャリーワゴン。

 

今回、このキャリーワゴンを選んだポイントは下記の2点です。

 

①タテとヨコに畳める

例えばこのロゴスのカートは1方向にのみ畳めて

 

 このコールマンのワゴンは、タテにもヨコにも畳めますよね。

コールマン アウトドアワゴン 2000021989

コールマン アウトドアワゴン 2000021989

 

 

1方向に畳めるものは薄くなるので、どこかの隙間に収納するのなら良いと思います。

 2方向に畳める方がよりコンパクトに収納できるので、私はそちらを選びました。

 

モノによっては折りたたんだ後、自立せずにどこかに立て掛けておかないといけないものものもあるようなので、どんなところに収納するかを想定しながら事前にチェックする必要がありそうです。

 

 

②メッシュになっている

他社のワゴンは布で出来ているものが多いですが、

購入したものはメッシュ生地で出来ています。

川や海など水辺のレジャーでの使用も想定して作ったものなので、

濡れたものを入れても大丈夫ですし、

キャンプの時などは洗った道具などをこの中に入れて乾かしたりするのにも活躍します。

またこの生地は丸洗いも出来るのも魅力です。

 

本当はフレームの部分とか、もっと落ち着いた色があるといいのだけどなー…

と思ったのですが、

機能性を重視して購入しました。

 

これが来てからたくさん荷物を運べるようになったので、

BBQの内容も以前より充実しそうです。

 

キャリーワゴンの購入を考えている方は、

ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

 

Q子